制度の関係図

制度の関係図

【企業様】
 監理団体と受入協定を結び、外国人を技能実習生として受け入れます。
 日々コミュニケーションを取り、日本での生活の仕方を教えながら、実践的な技能を習得できるよう、
 技術指導をして頂きます。
 日本人労働者と同じく、社会保険の加入、出退勤記録等の労務管理が必要です。

【技能実習生】
 20代~30代の若者が、稼ぎと技術習得を目的に、日本語や文化・習慣を数ヶ月勉強して来日します。
 多くは募集職種の経験者ですが、自国では年間を通じて収入が保証されているケースは少ないようです。

【みやび仮設建友事業協同組合】(監理団体)
 入国から更新、帰国まで、入国管理局への煩雑な申請手続きは監理団体がサポートします。
 適切な実習が行われているか企業様へ巡回し、問題等があれば一緒に解決いたします。

【送り出し機関】
 中国・ベトナムの人材会社になります。面接希望者を集め、基礎的な日本語・文化・習慣を指導します。
 日本に送り出してからも、組合と一緒に実習生をサポートします。

制度の関係図
お気軽にお問合せ下さい